便秘茶の成分

便秘茶に含まれている成分にはどんなものがある?

自分が選んだ便秘茶に関しては、含まれている成分をすべて知っておくに越したことはありません。特に主成分となるお茶の元などは必ず把握しておきましょう。その際副作用があるようなものであれば、利用を避けて他のものを選ぶか、必ず用法を守るようにしなければなりません。

100万杯突破!満足度98%の大人気のあの便秘茶を試してみました!

 

一般的に便秘茶の成分としてよく使用されるのは、キャンドルブッシュ、プーアール茶、センナ、どくだみ、黒豆、なた豆、ルイボス、はと麦、桑の葉、緑茶、霊芝、柿の葉、ハスの葉、ウーロン茶、ケツメイシ、ばんざくろ、ギムネマ、キダチアロエ、サンペンズ、車前草、大麦麦芽、オオバコ、高麗人参、果実の粉末、タンポポの根、ショウガ、ゴボウ、ハニーブッシュ、ローズヒップ、ハイビスカス、赤シソ、ラズベリー、レモングラス、フォルスコリ、サラシア、唐辛子、羅漢果、クミスクチン、びわの葉、黒ごまなどです。

 

これだけでも十分ですが、実際に便秘茶として使用される成分にはこの10倍以上の原料があります。そこで困るのが便秘茶の選び方です。今あげた成分をすべて別々に試すなどということは不可能です。また便秘茶は主成分のみで効果の出るものもあれば、複数の原料が加わって初めてバランスがとれたよい便秘茶となるものもたくさんあります。最近ではこうした言わばブレンドされた便秘茶の方が圧倒的に数が多いことでしょう。

 

また便秘茶などの健康食品ではたいていの場合には全成分が表示されていますが、海外から輸入されたものや、友人などからお土産としてもらったものなどでは原材料の表記がないか、あっても外国語でさっぱり分からないこともあります。このような時にはごく少量から試してみて、問題がなくて効果があるようならば続けてもよいでしょう。

 

また便秘茶さえ飲めば便通はすべて改善して、毎日爽快に過ごせると考えるのはちょっとむずかしいかもしれません。便秘茶は薬ではありませんから、多くの便秘茶は成分の如何に関わらず即効性に関してはあまり期待できないからです。

便秘茶口コミ人気ランキング

便秘でお腹が張ってしまう場合には?

便秘茶に含まれている成分を知っておこう!関連ページ

便秘茶の上手な選び方
便秘茶の上手な選び方とはどのようなものでしょうか?便秘茶の種類や効果、上手な便秘茶の選び方を紹介しています。
便秘茶購入のポイントと注意点
便秘茶を購入する際の注意点にはどのようなものがあるでしょうか?便秘茶の種類や効果、上手な便秘茶の選び方を紹介しています。
七美茶
七美茶ってどんな便秘茶でしょうか?便秘茶の種類や効果、上手な便秘茶の選び方を紹介しています。
太田胃散 桑の葉茶
太田胃散 桑の葉茶ってどんな便秘茶でしょうか?便秘茶の種類や効果、上手な便秘茶の選び方を紹介しています。
特選養麗健茶
特選養麗健茶ってどんな便秘茶でしょうか?便秘茶の種類や効果、上手な便秘茶の選び方を紹介しています。
桃花スリム
桃花スリムってどんな便秘茶でしょうか?便秘茶の種類や効果、上手な便秘茶の選び方を紹介しています。
デルモッティ
デルモッティってどんな便秘茶でしょうか?便秘茶の種類や効果、上手な便秘茶の選び方を紹介しています。
ティーライフ ダイエットプーアール茶
ティーライフ ダイエットプーアール茶ってどんな便秘茶でしょうか?便秘茶の種類や効果、上手な便秘茶の選び方を紹介しています。
冬葵葉茶
冬葵葉茶ってどんな便秘茶でしょうか?便秘茶の種類や効果、上手な便秘茶の選び方を紹介しています。