便秘薬の基礎知識

便秘薬の注意点

便秘薬の注意点についてお話しします。
生活習慣や便秘に良い食品をとるようにしても、いっこうに便秘が解消しない場合には、便秘薬を使いますね。その際に心がけて欲しいのは便秘薬はあくまで一過性の緊急手段として使うようにしたいということです。以下便秘薬を使用する際の注意点をまとめてみました。

 

便秘薬はいわば自然の流れに逆らって、むりやり排便させようというものです。薬の力を借りて、無理に便通をうながすことは、決して体にとってよいとはいえません。

 

また、便秘薬は飲み続けるとくせになり、薬なしでは排便できなくなります。便秘と下痢を繰り返す悪循環に陥ってしまうこともあります。ですから、安易に薬に頼らず、まずは運動や食事、水分補給に励むことが大切です。

 

また、一気に便秘を解消しようとして大量に飲むのは厳禁です。長期間飲み続けるのもよくありません。なお、便秘の中でも腸の蠕動運動が強すぎるために起こる「けいれん性便秘」の場合は、便秘薬の使用は控えたほうがいいでしょう。

 

一般に市販されている便秘薬は、活動が弱まっている大腸に刺激を与えて、排便させるというものです。腸の活動が活発すぎる「けいれん性便秘」 の状態で、便秘薬を使い、さらに腸を刺激すれば、腹痛を起こし、下痢になってしまいます。

 

このほか、妊 娠中の女性や、何かの病気で治療中の人も、便秘薬の使用は避けてください。
>>今、人気の便秘解消商品はなに?/便秘サプリメント・便秘茶口コミ売れ筋ランキング

便秘薬の種類-整腸剤と下剤-

便秘解消のための便秘薬は大きく分けて、整腸剤下剤(緩下剤)の二種類があります。また下剤も症状に応じていくつかの種類に分けることができます。整腸剤と下剤はそれぞれの特性を理解した上で使用することが大事です。

 

(1)整腸剤
整腸剤は、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やして、腸内細菌のバランスを整えることで、腸内の環境を改善し、腸の働きを整える薬です。
消化酵素やガスを排除する成分も含まれています。例:新ビオフェルミン、ミヤリサンアイジ、ビオスリーHなど

 

(2)下剤
便秘解消のためには、刺激のゆるやかな緩下剤を用います。緩下剤は、便をやわらかくする薬(作用の弱い薬)と腸を刺激する薬(作用の強い薬)に分けられます。
(A)便をやわらかくする薬(作用の弱い薬)
(a)塩類下剤
腸から水分を引き出すことで、便をやわらかくして、排泄しやすくします。
長期間連用しても、くせになりにくいのが特長です。
例:ミルマグ液など
(b)膨張性下剤
腸から水分を引き出して便をやわらかくし、かさを増す作用もあります。
長期間連用しても、くせになりにくいのが特長です。
例:リズムランホワイト、サトラックス、スルーラックナチュレなど
(B)腸を刺激する薬(作用の強い薬)
大腸刺激性下剤
大黄(ダイオウ)、センナなどの生薬の抽出成分と同じ成分でできています。
腸を刺激して、蠕動運動を活発にし、排便をうながします。
腹痛が起こることもあります。

例:コーラック、サラーテP、ソフネス、ソフィットなど
>>今、人気の便秘解消商品はなに?/便秘サプリメント・便秘茶口コミ売れ筋ランキング

便秘薬の種類-浣腸-

最も即効性のある便秘薬といえば浣腸があげられると思います。即効性が高い反面、浣腸を使用する際には十分知っておきたいことがあります。
市販の浣腸を使うのは、最も即効性のある便秘解消法といえます。肛門から挿入し、注入した浣腸液が、腸の粘膜を刺激して、排便に至ります。例:イチジク浣腸など

 

便秘が一気に解消することから、「便秘をしたら浣腸すればいい」と安易に考える人もいますが、むやみに使用するのはやめましょう。というのも、浣腸は習慣になりやすく、常用すると、浣腸なしでは排便できなくなったり、腸の粘膜が炎症を起こして、1日に何回もトイレに駆け込むようになったりします。浣腸はどうしても便がでないときの最後の非常手段と考えてください。
浣腸の主成分は、グリセリンです。浣腸液の分量によって、大人用、子ども用と分かれています。

 

ここでは浣腸の方法を簡単に説明します。
(1)液の入った容器を38〜40℃のお湯の中にしばらくつけて、温めておきます。
(2)大きく息を吐いて、リラックスし、肛門の筋肉をゆるめます。
(3)ゆっくり先端を挿入し、液を注入します。
(4)液を注入し終わったら、静かに抜き取り、すばやくティッシュペーパーで肛門を押さえます。
(5)まもなく便意が起こりますが、5分くらいは我慢してください。
便意が起こってすぐに排便しようとすると、液が腸内に行き渡らないうちに、先に流れ出てしまい、便が排泄されません。
>>今、人気の便秘解消商品はなに?/便秘サプリメント・便秘茶口コミ売れ筋ランキング

便秘薬の種類-飲み薬と座薬-

便秘薬にはいろいろな形状のものがあります。飲み薬としては、カプセル、錠剤、液体などがあります。液体のものは錠剤よりも微調整できるというメリットがあります。
また、坐薬(ざやく)もあります。

 

坐薬は飲み薬と違って即効性があり、坐薬を肛門から入れて、20〜60分くらいで便意が生じます。

 

市販薬の便秘薬を服用する場合、使い方を誤ると逆効果になってしまいます。最初は、整腸剤かゆるやかな緩下剤を説明書に書かれている適応量より少なめに使用しましょう。同時に運動や食事にも注意が必要です。

 

効き目がないときには、説明書に書いてある適応量を飲むか、作用の強い薬を飲んでみましょう。それでも効かないようであれば、医師に相談したほうがいいですよ。
なにかほかの病気が隠れている可能性もあるからです。効くか効かないかの判断は1〜2週間続けてみてから下してください。

 

薬を使う場合の注意点を挙げておきます。
(1)薬を飲むなら夜、寝る前に飲みましょう。
たっぷりの水分で飲むと、翌朝便意がやってきます。
(2)ビタミン剤やオリゴ糖を併用すると、便秘薬の量を少なくできます。
(3)ビサコジル成分が含まれた便秘薬は、牛乳で飲むと吐き気や嘔吐が起きることもありますので、注意しましょう。
>>今、人気の便秘解消商品はなに?/便秘サプリメント・便秘茶口コミ売れ筋ランキング

便秘でお腹が張ってしまう場合には?

便秘薬の基礎知識関連ページ

便秘の原因
便秘の原因には繊維質や水分の不足などが考えられますが、その他にも様々な原因が考えられます。便秘の原因が思わぬ病気によるものであることもあるのです。
便秘の種類
便秘の原因から食事や便秘薬、便秘体操・ツボ・マッサージなど各種便秘解消法と、妊娠期、赤ちゃん(乳幼児)の便秘対策対処法などについて紹介しています。
便秘の症状
一口に便秘の症状と言ってもその現れ方は人によって様々で、症状に合わせた対処法も必要になってきます。では便秘になるとどのような症状に悩まされるのでしょうか?
便秘と病気
便秘の裏に思わぬ病気が潜んでいる場合があります。大腸がんや大腸ポリープなどが思い起こされますが、実はその他にも便秘は様々な病気と関連しています。
便秘の診察と検査
便秘が長引くようであれば早めに診察を受けましょう。ここでは知っておきたい便秘の診察方法や検査方法について紹介しています。
妊娠と便秘
妊娠中の便秘は普段とはまた違った注意が必要になってきます。妊娠と便秘の関係と注意点、知っておきたい妊娠期の便秘解消法について紹介しています。
赤ちゃん(乳幼児)・子供の便秘
赤ちゃん(乳幼児)や子供の便秘にも様々な原因が考えられます。お腹の痛みなどを伴う場合には他の病気が潜んでいる事もあります。子供の便秘の見分け方について紹介しています。
便秘の治療
一口に便秘の治療と言ってもそのタイプによって対処法も変わってきます。知っておきたいタイプ別の便秘の治療と対処法について紹介しています。
便秘解消法-ツボ・マッサージ・体操-
便秘解消法として最も基本になるのが生活習慣です。正しい生活習慣と便秘解消法としてのマッサージや体操、ツボなど知っておきたい便秘解消法について紹介しています。
便秘解消法-食事・食品・レシピ-
便秘を解消するためにはどんな食事や食品を摂れば良いのでしょうか?便秘解消に効果的な食品やダイエットにも役立つ便秘解消食品について紹介しています。
リスクを伴う便秘解消法
便秘の原因から食事や便秘薬、便秘体操・ツボ・マッサージなど各種便秘解消法と、妊娠期、赤ちゃん(乳幼児)の便秘対策対処法などについて紹介しています。
おすすめ便秘茶とサプリメント
毎日の生活の中に便秘に効果的なお茶、便秘茶やサプリメントを取り入れて便秘の解消をしている人も多いようです。そこでおすすめの便秘茶とサプリメントを紹介します。
便の色と形、太さ
便秘の原因から食事や便秘薬、便秘体操・ツボ・マッサージなど各種便秘解消法と、妊娠期、赤ちゃん(乳幼児)の便秘対策対処法などについて紹介しています。