便秘の種類

便秘にも種類がある?

ひとくちに便秘の原因便秘の症状と言ってもいくつかのタイプに分けることができます。それぞれの便秘のタイプによって、対処法も違ってきます。

 

便秘解消法や便秘対策にはいろいろとありますが、まず自分の便秘のタイプを見極めることが大切になります。いろいろと試す方法が逆効果にならないように、まずは自分の便秘のタイプを見極めましょう。

 

便秘はまず、突然起こる急性便秘と、徐々に進行する慢性便秘2種類に大きく分けることができます。急性の便秘には、一時的に起こる「一過性単純性便秘」と何か便秘の原因となる病気が潜んでいるために起こる「症候性便秘」とがあります。

 

一方、慢性の便秘には、腸の機能が低下したことによる「常習性便秘」と、原因となる病気が潜んでいるために起こる「症候性便秘」とがあります。

 

また、常習性便秘は、その原因によって結腸性(弛緩性)便秘直腸性便秘けいれん性便秘の3種類に分類されます。 常習性便秘はもっとも多い便秘です。 まとめると次のようになります。

 

1急性便秘
(1)一過性単純性便秘
(2)症候性便秘

 

2慢性便秘
(1)常習性便秘
 〈1〉結腸性便秘
 〈2〉直腸性便秘
 〈3〉けいれん性便秘
(2)症候性便秘

 

もしも、タイプがわからないまま、頑固な便秘が続く場合は、一度病院で診てもらったほうがいいでしょう。なんらかの病気による便秘である可能性もあります。
>>今、人気の便秘解消商品はなに?/便秘サプリメント・便秘茶口コミ売れ筋ランキング

急性便秘と慢性便秘

便秘には大きく急性便秘と慢性便秘があります。
ここからはそれぞれの便秘について、ひとつずつ見ていきましょう。

 

急性便秘
(1)急性・一過性単純性便秘

環境の変化やストレスなどによって突然始まる便秘です。ダイエットなどによって食事の量が急に減ったり、水分が不足したり、食べ物の変化があったりしたときに起こります。
また、女性では妊娠中や生理前などにも便秘が起こることがあります。この便秘は一過性のものですので、便秘の原因がなくなれば自然に解消します。
 (2)急性・症候性便秘
何らかの病気や疾患があって起こる便秘で、「器質性便秘」とも呼ばれます。腸閉塞を起こして、腸管がつまった場合や、腸捻転で、腸がねじれてしまった場合などが例として挙げられます。この便秘は激しい腹痛や吐き気を伴うことが多く、至急の手当てが必要です。

 

慢性・常習性便秘
何らかの原因で腸の機能が低下したために起こります。 「機能性便秘」ともいい、便秘の中でも、もっとも多く見られます。 この便秘は、その原因によって、次の3種類に分けられます。
〈1〉結腸性(弛緩性)便秘
腸の蠕動運動が弱く、便を押し出す力が十分でないために起こります。この便秘は高齢者に多く見られます。また、若い人でも、普通の人より腸が長く、下に垂れているような体質の場合や、女性がお産を繰り返して、腹筋が弛緩しているような場合にも起こしやすくなります。
〈2〉直腸性便秘
直腸の神経が鈍くなって、便意を感じにくくなるために起こります。便意を我慢したり、浣腸を乱用したりして、排便のシグナルを無視したことが主な原因です。その結果、直腸に便がたまっても排泄のシグナルが脳に送られなくなり、次第に便意を感じなくなります。結腸性便秘と合わせて起こることもあり、便がかたくなります。
〈3〉けいれん性便秘
結腸性便秘とは逆に、腸の蠕動運動が強すぎるために起こります。何らかの原因で腸がけいれんを起こし、ところどころくびれて狭くなってしまうため、便が通過しにくくなってしまったものです。腹痛を伴い、とくに食事の後に痛むことがよくあります。また、便意は非常に強いのですが、排便が困難で、あとに残便感が残ります。便秘と下痢を繰り返すこともあります。 ストレスや心理的なものが原因となって起こることが多く、過敏性腸症候群と呼ばれる病気の一種に加えられています。過敏性腸症候群とは、慢性の腹痛や、便秘、下痢などを起こす病気で、心身症のひとつです。器質的な疾患ではなく、精神的な要因によって起こるので、薬物療法だけでなく、精神面のケアも必要です。
>>今、人気の便秘解消商品はなに?/便秘サプリメント・便秘茶口コミ売れ筋ランキング

女性の便秘

女性は男性より便秘になりやすいようです。女性が便秘になりやすいのには、次の3つの理由が考えられます。

 

(1)黄体ホルモンの影響
女性の月経と排卵という体のリズムは、主に女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンで作り出されています。この黄体ホルモンには、大腸の蠕動運動を抑制する働きがあります。したがって、黄体ホルモンが活発に分泌される排卵から月経が始まるまでの期間、女性は便秘になりやすいのです。

 

さらに妊娠すると、この黄体ホルモンの分泌はますます活発になり、運動量が減ることもあって、便秘がちになります。おなかが大きくなってくると、子宮が腸を圧迫するため、やはり便秘になりやすくなります(妊娠中の便秘)。出産後には、妊娠中にのびきった腹筋が元に戻らず、胃下垂ぎみになり、胃腸の緊張もなくなってしまうので、ますます便秘がちになります。

 

(2)ダイエット
ダイエットを試みる女性は多いのではないでしょうか。ダイエットに励む結果、食事の量が少なくなり、便秘につながります。

 

 (3)筋力
女性は男性よりも筋力が弱く、大腸の活動も活発ではありません。とくに腹筋がないと排便がスムーズにいきません。 このように女性は、便秘を誘因する条件を多く備えているのです。
>>今、人気の便秘解消商品はなに?/便秘サプリメント・便秘茶口コミ売れ筋ランキング

便秘でお腹が張ってしまう場合には?

便秘の種類関連ページ

便秘の原因
便秘の原因には繊維質や水分の不足などが考えられますが、その他にも様々な原因が考えられます。便秘の原因が思わぬ病気によるものであることもあるのです。
便秘の症状
一口に便秘の症状と言ってもその現れ方は人によって様々で、症状に合わせた対処法も必要になってきます。では便秘になるとどのような症状に悩まされるのでしょうか?
便秘と病気
便秘の裏に思わぬ病気が潜んでいる場合があります。大腸がんや大腸ポリープなどが思い起こされますが、実はその他にも便秘は様々な病気と関連しています。
便秘の診察と検査
便秘が長引くようであれば早めに診察を受けましょう。ここでは知っておきたい便秘の診察方法や検査方法について紹介しています。
妊娠と便秘
妊娠中の便秘は普段とはまた違った注意が必要になってきます。妊娠と便秘の関係と注意点、知っておきたい妊娠期の便秘解消法について紹介しています。
赤ちゃん(乳幼児)・子供の便秘
赤ちゃん(乳幼児)や子供の便秘にも様々な原因が考えられます。お腹の痛みなどを伴う場合には他の病気が潜んでいる事もあります。子供の便秘の見分け方について紹介しています。
便秘の治療
一口に便秘の治療と言ってもそのタイプによって対処法も変わってきます。知っておきたいタイプ別の便秘の治療と対処法について紹介しています。
便秘解消法-ツボ・マッサージ・体操-
便秘解消法として最も基本になるのが生活習慣です。正しい生活習慣と便秘解消法としてのマッサージや体操、ツボなど知っておきたい便秘解消法について紹介しています。
便秘解消法-食事・食品・レシピ-
便秘を解消するためにはどんな食事や食品を摂れば良いのでしょうか?便秘解消に効果的な食品やダイエットにも役立つ便秘解消食品について紹介しています。
リスクを伴う便秘解消法
便秘の原因から食事や便秘薬、便秘体操・ツボ・マッサージなど各種便秘解消法と、妊娠期、赤ちゃん(乳幼児)の便秘対策対処法などについて紹介しています。
おすすめ便秘茶とサプリメント
毎日の生活の中に便秘に効果的なお茶、便秘茶やサプリメントを取り入れて便秘の解消をしている人も多いようです。そこでおすすめの便秘茶とサプリメントを紹介します。
便の色と形、太さ
便秘の原因から食事や便秘薬、便秘体操・ツボ・マッサージなど各種便秘解消法と、妊娠期、赤ちゃん(乳幼児)の便秘対策対処法などについて紹介しています。
便秘薬の基礎知識
便秘薬にはいくつかの種類があり、それぞれの特徴と注意点を知っておくことはとても大切です。便秘薬を使用するにあたって知っておきたい情報について紹介しています。