赤ちゃん(乳幼児)・子供の便秘

赤ちゃん(乳幼児)の便秘の原因と対処

大人でもそうですが、赤ちゃん(乳幼児)の場合でも2、3日排便がないことはよくあることです。そんなに神経質になる必要はありませんが、1週間以上便秘が続いたり、嘔吐や、排便時の出血が見られる場合はすぐに専門医に相談して下さい。また苦しんだり痛がったりすることが続くような場合も念のため医師の診察を受けた方がいいでしょう。赤ちゃん(乳幼児)の便秘の場合には、よく浣腸(かんちょう)が用いられます。

 

しかし、定期的に浣腸を使用していると癖になり、浣腸なしでは排便できなることもありますので、注意が必要です。腹部のマッサージなどを繰り返してみて、改善が見られない場合などに使用するようにしましょう。

 

赤ちゃん(乳幼児)が便秘になる原因ですが、次の3つが挙げられます。
(1)生まれつきの体質
(2)腹筋が弱い
(3)水分不足
(4)離乳食を始めた直後
※離乳食を開始した直後は、徐々に便が硬くなってくるにもかかわらず、まだ腹筋が弱いために、排便する力が弱く、便秘となることが多いようです。乳幼児のお腹がふくらんでいるのは、腹筋が弱いからだそうです。

 

母乳と便秘
赤ちゃん(乳幼児)の便秘と母乳の関係についても触れておきます。母乳は栄養を豊富に含んでいて、その中には、腸内で善玉菌の栄養素となるビフィズス菌も含まれています。したがって、母乳で育てるほうが、ミルクで育てるよりも排便回数は多くなり、便秘になりにくいといわれています。
>>今、人気の便秘解消商品はなに?/便秘サプリメント・便秘茶口コミ売れ筋ランキング

赤ちゃん(乳幼児)の便秘対策解消法

赤ちゃん(乳幼児)の便秘対策と便秘解消法について、お話ししたいと思います。大人であれば、1日1回の排便が理想的であるといわれています。では赤ちゃんの場合はどうでしょうか?

 

しかし、赤ちゃん(乳幼児)の場合、理想的な排便回数というものはありません。赤ちゃん(乳幼児)は、消化吸収能力や肛門のしまりが未熟なので、基本的に大人よりも排便回数は多いのが普通です。赤ちゃん(乳幼児)の便秘については、排便回数や便の状態よりも、排便時に痛がったり苦しがったりしていないか、などをチェックすることが大切です。

 

排便時に苦痛があると、排便は辛いものだと無意識に思い込み、便意があっても我慢する癖がついてしまいます。この状態が続くと、大人でいう直腸性便秘になってしまいます。

 

生後2、3ヶ月くらいの赤ちゃん(乳幼児)は、まだ排便能力が身についませんので、苦しそうに排便するときがあります。しかし成長するにつれて腹筋がつき、スムーズに排便できるようになりますので、心配する必要はありません。赤ちゃん(乳幼児)は腹筋が弱いので、お腹を優しくマッサージし、蠕動運動を活発にしてあげるといいでしょう。

 

また、離乳食に変え始めたときに便秘になった場合は、水分と食物繊維の摂取量を意識的に増やすことで便秘が解消することが多いようです。ただし、食物繊維の過剰摂取は栄養素が吸収されなくなることもありますので注意しましょう。
>>今、人気の便秘解消商品はなに?/便秘サプリメント・便秘茶口コミ売れ筋ランキング

子供の便秘の原因と解消法1

ここでは子供の便秘の原因と解消法についてみていきたいと思います。子供でも小学生くらいになると、大人と同じ原因で便秘になることが多いようです。大人であれば運動不足なども便秘の原因になりますが、子供の場合は食事や摂取する食品に原因がある場合が多いです。こうした場合、食事を見直し便秘に良い食品を積極的にとることが必要になります。

 

子供の便秘-食事-
不規則な食事(野菜不足などの食物繊維不足)が原因の場合
最近の子供は、好き嫌いが多くなってきているようです。また、偏食や間食によっても栄養がかたよってしまいます。お菓子やファーストフード、お肉ばかりの食生活を続けていると野菜不足、食物繊維不足となり、便秘へとつながってしまいます。

 

また、最近では、料理が苦手なお母さんも増えてきているようです。スーパーのお惣菜ばかりでは栄養がかたよってしまいますよ。子供の便秘は親の責任でもあるのです。子供に好き嫌いなく食べさせることは難しいですが、いろいろな食品から食物繊維をとれるように、料理を工夫してみましょう。

 

子供の便秘を解消する食生活の工夫をいくつか挙げておきます。
(a)肉中心の食事から魚と野菜中心の食事にきりかえる
(b)おやつはスナック菓子より焼きいもやフルーツにする
(c)食物繊維を多く含んだ食事を心がける

 

しかし、子供特有の原因も考えられますし、子供自身では原因がわからないこともあります。周りの大人が気づいて、対応してあげる必要があります。

 

子供の便秘-学校で排便できない-
私もそうでしたが、小学生では学校で排便することができない子供が多いようです。学校で排便できないとなると、必然的に我慢する癖がついてしまい、便秘がちになってしまいます。(直腸性便秘)
学校で排便できない理由としては、
「恥ずかしい」
「冷やかされる、いじめられる」
「家のトイレと違うため落ち着かない」
などが多いようです。これを解決するためには、まず「排便することは恥ずかしいことではない」ということを家庭でしっかり教育することが大切です。

 

排便行為が、私たちにとってどれだけ大切なことかしっかり教えましょう。日常の会話の中で「おしっこ」や「うんち」といった言葉を取り入れてみるのもいいですね。また、便意がきたら迷わずトイレに行くことを教え込みましょう。場合によっては、和式トイレで排便する練習も必要かもしれません。

 

とはいっても、学校の授業中にトイレに行くのは、なかなか勇気がいることかもしれません。とくに、うんちはあらかじめ休み時間に行っておくというわけにはいきませんからね。ですから、毎日規則正しい生活を心がけさせ、学校で排便しなくてもいいように、毎朝排便する習慣をつけさせることが最も大切なことです。
>>今、人気の便秘解消商品はなに?/便秘サプリメント・便秘茶口コミ売れ筋ランキング

子供の便秘の原因と解消法2

最近は生活環境の変化から運動不足による子供の便秘も増えてきました。また、必要な水分の補給なども子供の便秘にとっては必要です。

 

子供の便秘-運動不足-
運動不足により腹筋が弱くなると、排便する力も弱くなってしまいます。こうした運動不足によって便秘になる子供も増えています。昔は、子供は学校から帰宅したら、外で遊ぶことが多かったですよね。

 

しかし、いまではテレビゲームやパソコンなどの普及、塾に通うなどの理由で、外で元気に遊んでいる子供はあまり見かけなくなってしまいました。また、学校でも休み時間に、校庭で遊ぶ子供が減り、運動能力が落ちていることもわかってきました。昔では考えられなかったことですが、子供の運動不足が増えてきているのです。

 

運動不足から腹筋が弱くなり、その結果、腸の蠕動運動が低下し、便秘になりがちになります。やはり子供には、積極的に運動できるような環境を作ってあげたいものですね。

 

子供の便秘-水分不足-
子供は新陳代謝がいいので、よく汗をかき、大人以上に水分が必要になります。また、子供自身では、水分不足だと気づかないこともあります。スポーツをするときや外出時はもちろんのこと、日頃から積極的に水分補給をさせるように心がけましょう。外で遊んだら手洗いと同時に水分をとるなどの習慣をつけることが必要です。

 

最後になりますが、子供の便秘には浣腸がよく用いられます。浣腸は効果も高いのですが、くせになりやすく浣腸がなければ排便できなくなることもあります。必ず医師に相談してから使用するようにしましょう。
>>今、人気の便秘解消商品はなに?/便秘サプリメント・便秘茶口コミ売れ筋ランキング

便秘でお腹が張ってしまう場合には?

赤ちゃん(乳幼児)・子供の便秘関連ページ

便秘の原因
便秘の原因には繊維質や水分の不足などが考えられますが、その他にも様々な原因が考えられます。便秘の原因が思わぬ病気によるものであることもあるのです。
便秘の種類
便秘の原因から食事や便秘薬、便秘体操・ツボ・マッサージなど各種便秘解消法と、妊娠期、赤ちゃん(乳幼児)の便秘対策対処法などについて紹介しています。
便秘の症状
一口に便秘の症状と言ってもその現れ方は人によって様々で、症状に合わせた対処法も必要になってきます。では便秘になるとどのような症状に悩まされるのでしょうか?
便秘と病気
便秘の裏に思わぬ病気が潜んでいる場合があります。大腸がんや大腸ポリープなどが思い起こされますが、実はその他にも便秘は様々な病気と関連しています。
便秘の診察と検査
便秘が長引くようであれば早めに診察を受けましょう。ここでは知っておきたい便秘の診察方法や検査方法について紹介しています。
妊娠と便秘
妊娠中の便秘は普段とはまた違った注意が必要になってきます。妊娠と便秘の関係と注意点、知っておきたい妊娠期の便秘解消法について紹介しています。
便秘の治療
一口に便秘の治療と言ってもそのタイプによって対処法も変わってきます。知っておきたいタイプ別の便秘の治療と対処法について紹介しています。
便秘解消法-ツボ・マッサージ・体操-
便秘解消法として最も基本になるのが生活習慣です。正しい生活習慣と便秘解消法としてのマッサージや体操、ツボなど知っておきたい便秘解消法について紹介しています。
便秘解消法-食事・食品・レシピ-
便秘を解消するためにはどんな食事や食品を摂れば良いのでしょうか?便秘解消に効果的な食品やダイエットにも役立つ便秘解消食品について紹介しています。
リスクを伴う便秘解消法
便秘の原因から食事や便秘薬、便秘体操・ツボ・マッサージなど各種便秘解消法と、妊娠期、赤ちゃん(乳幼児)の便秘対策対処法などについて紹介しています。
おすすめ便秘茶とサプリメント
毎日の生活の中に便秘に効果的なお茶、便秘茶やサプリメントを取り入れて便秘の解消をしている人も多いようです。そこでおすすめの便秘茶とサプリメントを紹介します。
便の色と形、太さ
便秘の原因から食事や便秘薬、便秘体操・ツボ・マッサージなど各種便秘解消法と、妊娠期、赤ちゃん(乳幼児)の便秘対策対処法などについて紹介しています。
便秘薬の基礎知識
便秘薬にはいくつかの種類があり、それぞれの特徴と注意点を知っておくことはとても大切です。便秘薬を使用するにあたって知っておきたい情報について紹介しています。