ビフィーナS-

ビフィーナS-とはどんな乳酸菌サプリメント?

腸内環境で一番有名な善玉菌は乳酸菌です。しかし実際には善玉菌の約99.9パーセントまでをビフィズス菌が占めています。とはいえ一般の人は乳酸菌もビフィズス菌もまとめて「善玉菌=乳酸菌」と呼ぶ習慣のようなので、ビフィーナSのような内容的には圧倒的にビフィズス菌が多く配合されていても乳酸菌サプリメントと呼ばれても特に問題はありません。

迷ったら口コミで選ぶ!乳酸菌サプリメント口コミ人気ランキング

 

50億個のビフィズス菌ををカバーして腸まで届ける

ビフィーナSの主な成分はビフィズス菌です。その他に乳酸菌と、ビフィズス菌などのエサになるオリゴ糖が含まれています。乳酸菌の数は50億個というのですから期待が持てます。

 

しかし乳酸菌もビフィズス菌も胃酸には弱く、生きて腸までたどり着くのはごくわずかだといいます。それでは50億個もあっても実際に機能するのはほんの一握りということになります。

 

ビフィーナSが優れているのはこうした乳酸菌の弱さを完全にカバーしている技術力です。ビフィーナSでは乳酸菌やビフィズス菌は外側をハイパープロテクト層がしっかりと囲み、さらにその外を胃酸に強い耐酸性皮膜が取り囲んでいます。これによってビフィズス菌や乳酸菌が胃酸で死んでしまうのをプロテクトしています。

 

この2重の層からなる「ハイパープロテクトカプセル」の技術は、第17回「日本生物工学会生物工学技術賞」を受賞しています。また当然のことながら特許としても登録されています。

加齢やストレスでビフィズス菌が減少してしまっている方に

ビフィーナSに多く配合されているビフィズス菌は赤ちゃんの頃には腸内環境の99パーセントまでを占めていました。しかし成人になった頃には約10パーセントとなり、その後は加齢に従って減少していき、60歳くらいではなんと1パーセントしかいなくなります。これでは便秘や下痢、膨満感などを始めとする便通異常がいつ起こっても不思議ではありません。それよりか60代以上ではいつも快便だという人の方がはるかに少ないことでしょう。

 

こうしたビフィズス菌や乳酸菌の減少に関しては、最も大きな要因は加齢ですが、他にも生活習慣や運動不足などがあります。さらに最近特に増えているのがストレスです。ストレスを原因とする乳酸菌の減少は若い世代の人でも多発するのが典型です。そのため20代や30代で、便秘や下痢などの便通異常や肌荒れや吹き出物など便秘に由来する症状に悩んでいる人が増えてきています。そのような人がまず試してみる乳酸菌サプリメントとしてビフィーナSは最適な選択肢の1つだと言えるでしょう。

便秘でお腹が張ってしまう場合には?

ビフィーナS-関連ページ

乳酸菌サプリメントは便秘解消に効く?
乳酸菌サプリメントが便秘解消に効果的な理由とはどのようなものでしょうか?乳酸菌の種類や効果、上手な乳酸菌サプリメントの選び方を紹介しています。
乳酸菌サプリメントの上手な選び方は?
乳酸菌サプリメントの失敗しない選び方とは?乳酸菌の種類や効果、上手な乳酸菌サプリメントの選び方を紹介しています。
善玉菌のチカラ
善玉菌のチカラってどんな乳酸菌サプリメントなのでしょうか?乳酸菌の種類や効果、上手な乳酸菌サプリメントの選び方を紹介しています。
カゴメ植物性乳酸菌ラブレ
カゴメ植物性乳酸菌ラブレってどんな乳酸菌サプリメントなのでしょうか?乳酸菌の種類や効果、上手な乳酸菌サプリメントの選び方を紹介しています。
新ビオフェルミンS
新ビオフェルミンSとはどんな商品なのでしょうか?乳酸菌の種類や効果、上手な乳酸菌サプリメントの選び方を紹介しています。
ヤクルトヘルスフーズ ノアレ(カプセル)
ヤクルトヘルスフーズ ノアレ(カプセル)とはどんな乳酸菌サプリメントなのでしょうか?乳酸菌の種類や効果、上手な乳酸菌サプリメントの選び方を紹介しています。
日本薬師堂活き活き乳酸菌
日本薬師堂活き活き乳酸菌ってどんな乳酸菌サプリメントなのでしょうか?乳酸菌の種類や効果、上手な乳酸菌サプリメントの選び方を紹介しています。
ベジミックスビューティ
ベジミックスビューティってどんな乳酸菌サプリメントなのでしょうか?乳酸菌の種類や効果、上手な乳酸菌サプリメントの選び方を紹介しています。
花菜の選べる乳酸菌
花菜の選べる乳酸菌ってどんな乳酸菌サプリメントなのでしょうか?乳酸菌の種類や効果、上手な乳酸菌サプリメントの選び方を紹介しています。